2015年12月11日

れた親達に



 広い温泉で、三太はパチャパチャ泳いで遊んだ。
   「三太さん、泳ぎが上手ですね」
 お姉さんは、にこにこ笑って見ていてくれた。
   「疲れた、お姉ちゃん、膝に据わらせて貰ってもええか?」
   「はい、いいですよ」
 女が両足をくっ付けて屈んでcollagenいる膝に、三太は後ろ向きに座った。
   「お姉ちゃん、凭れてもええか?」
   「はい、どうぞ」
 三太は、なにやら背中をモゾモゾ動かしている。
   「どうしたの? 背中が痒ゆいの?」
   「へえ、背中に丸いものがコロコロ当たりますねん」
   「これ、私のお乳です」
   「へえー、何か固くなってきたような…」
   「あんた、本当に子供ですか? 大坂の’ちっこいおっさん’と違いますか?」
   「六歳の子供です」
   「よく分かっていて、やっていますでしょう」
   「いいえ、何も、わい痴漢とちがいますから」
   「分かっているから痴漢なんて言葉がでたのでしょ」
   「えへへ、ばれたか」
 三太、赤い舌をぺろり。
   「お姉さんねえ、男の人に裸をみせてお糖尿病飲食金を頂戴するお商売をしていますの」
   「ふーん」
   「大人なら二朱戴くところですが、あんたは子供やから子供料金の一朱に負けておきます」
三太は驚いた。三太を負ぶって番所まで来たオネエが、子供に悪戯をしては殺す、強奪はする、詐欺はする、実は札付きの悪党で、子供を殺された親達が出し合って、銀五十両の賞金が付いていたのだ。
 新三郎に心を制御され無抵抗であったが、凶悪犯のために亀甲に縛り上げ、役人の護衛を付けられて、代官所へ連行されることになった。賞金貰えるから、三太も付いて来いと言う。
   「わい、お金仰山持っとるねん、銀五十両なんて重いから要らん」
   「お前、子供やから五十両の値打ちが分からへんのやろ」
   「それくらい分かるわい」
   「ほんなら、貰っといて家に持って帰ってやれ、お母さん喜ぶで」
   「わいは旅の途中や、重いから要らんと言っているのや」
   「ああ、さよか」
   「ああ、さよかて、おっさんが盗ったらあかんで、子供beauty online shopを殺さ、大坂の三太からお線香代やと言うて、返してあげて」
   「誰が盗るかい、それより何で名前売るのや」
   「この先、何処で親達と逢うかわからへん、その時、わいのことを知っていてくれたら、只で泊めてもらえるやないか」  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 11:53Comments(0)

2015年12月02日

りお侍さまが心配です

 
   

   「心太郎、心太郎は居るか」
 賢吉が叫んだので、奥方が出て来た。
   「何ですか騒がしい、心太郎なら今お勉強中です、勝手口から茶の間に回って待ってやってくださいな、お菓子がありますよ」
   「はーい」
 出されたのは京菓子の松露饅頭だった。甘いお菓子僱傭が大好きな賢吉の目は点になっていた。

 心太郎が勉強を終えて茶の間に入って来た。手には二本の木製十手と、木刀が握られている。
   「これは、父上が賢吉と私のために誂えた練習用の木製十手だ、私と捕縄術と十手術の形を練習しましょう」
 樫の木で作られていて、持つとずっしりと重い。それと、かなり使い込んだ古い木刀を一本手渡された。今までは心太郎と竹刀で練習していた剣道を、今日から木刀に持ち替えようというのだ。
   「わっ、嬉しい」
 賢吉は大喜びで木刀を撫でた。心太郎は、町の道場で習ったことや、父の清心に教わったことを、そのまま賢吉に教える。「人に教えることは、自分を磨く最良の醫療援助計劃鍛錬だ」とは、父長坂清心の言葉である。心太郎は、それを実行しているのだ。早速庭に出て、心太郎と賢吉の鍛錬が始まった。

   「もうすぐ日が暮れますよ、お重に煮物と小魚の佃煮を入れておきました、皆さんで召し上がりなさいな」

 食事の支度は、賢吉の役目である。今夜は飯を炊き、大根の味噌汁とお新香を切っておくだけで済んだ。
   「親父、お帰り、事件はどうなった?」
   「お前の言うとおり、浪人を雇って番頭を殺させたのは、成田屋銭衛門の甥、弥助だった」
 弥助は、銭衛門に跡継ぎが居ないので、自分が跡目を継ぐものとばかり思っていたのに、番頭の伊之助を養子にして跡目を相続させると聞き、逆上して犯行を企てたものらしい。
   「長坂様が褒めていたぞ」
   「褒美はないのかい?」
   「木製十手と木刀が褒美らしい」 父親、長次の使いで叔父の家まで行った帰り道、村道から少し逸れた脇道で若い侍が蹲っているのを賢吉は見つけて声をかけた。
   「お侍さん、お体の具合が悪いようですが、大丈夫ですか?」
 侍は、賢吉を見上げたが、黙って再び項を垂れた。
   「お駕籠を呼んできましょうか?」
 彼は黙ったまま、首を横に振った。
   「もしも、空腹を抱えておいでなら、一っ走り行って何か買って参りましょうか、それとも医者を呼んで参りましょうか」
 漸く、力のない声で「要らぬ」と言い、手で「あっちへ行け」と、手の甲を向けてあおった。
   「行けと仰るなら行きますが、やは、何なりと申し付けてくださいませんか」
 若い侍は、再び賢吉に顔を向けて、賢吉の顔瘦身減肥を繁々と見上げた。最初は町人の子供だと侮ったが、賢吉のよく躾られたらしい丁寧な言葉使いに、少し心を開いたようであった。
「恥ずかしながら、拙者は金を持ち合わせておらぬ、駕籠に乗ること、も医者に掛かることも出来ぬのだ」  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 15:26Comments(0)

2015年11月26日

さんを嵌めたと思うので




そこへ、右吉と賢吉とお園が番所にやってきた。お園を家に帰そうとしたが、賢吉が止めたのだ。今夜あたり与太郎を殺した下手人がお園の所へ来るような気がしたからだ。
   「壮吉さんの道具箱を仕事康泰領隊場から持ってきたぜ」
 右吉が壮吉の前に「どすん」と置いた。
   「何か無くなっている道具はありませんか?」
 壮吉は、道具箱の蓋を取った。暫く調べていたが気が付いた。
   「ノミが一本足りません」
   「それは、どんなノミだね」
   「薄ノミの、一番刃幅の狭いヤツです」
   「ところで、このノミの中に、柄に血が付いたのがあるのだが」
   「賢吉さんにお園に付き纏う男が居ると聞いて、心配しながら仕事をしていたら指を切ってしまったのです、大工仲間に嘲笑われてしまいました、お恥ずかしい次第で…」


 壮吉を帰すには、下手人を挙げなければお奉行の許可が下りない。長坂清心も壮吉が下手人だとは思っていない。ここは暫く様子見て、下手人の出方を待つより曬傷後處理仕方がないと思われた。とにかくお園を宥めて送って帰し、米や味噌、目刺など必要な物を右吉が様子を窺いがてらに届けた
 それから二日、三日と経っても、下手人は姿を見せなかった。そろそろ壮吉が焦れはじめて、見ていられなくなった賢吉が長坂に申し出た。
   「長坂様、下手人は壮吉さんがお仕置きになるのを待っているに違いありません」
   「拙者もそのようだと考えておったが、壮吉が処刑されたと嘘の噂で誘き出すのをお奉行はお許しになるまい」
   「それで、よい事を思いつきました」
   「何だ、言ってみなさい」
   「右吉親分に頼んで、お園さんに惚れて貰うのです」
   「賢吉、お前子供のくせに何と妄りがましいことを言うのだ」
   「そりゃあ、親父の倅ですから」
   「何を言うか、長次が聞いたら怒るぞ」
   「それより、話の続きを聞いてくださいよ」
   「右吉がお園に惚れたら、どうだと申すのだ」
   「下手人は、お園さんを自分のものにするために邪魔な与太郎を殺し、壮吉す」
   「まあ、そうであろう」
   「下手人がうかうかしている間に右吉さんがお園さんに言い寄ると、焦ると思うのです」
   「お前、大人の気持ちが分かるのか?」
   「男の女に対する気持M 字額ちは単純ですから」
 長坂は、賢吉の策略を試してみようと思った。
   「だが、右吉がやってくれるだろうか」
   「長坂さまが命令すれば、イチコロです」
   「壮吉は、嫌がるだろう」
   「長坂さまが説得すれば、イチコロでしょう」
   「気が進まないが、やるしかないだろう」
   「お願いします」

  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 12:22Comments(0)

2015年10月19日

往事不可追如風吹去的風塵寂落


生命原是一個不知來自何處去至何方的奇跡,存在也是一個時空的偶然。我們需要不斷前進,不折服於現實,不卑亢於卑鄙,只有這樣,我們才能品位杯中水的玄妙!


長歎人生若只如初見,因為見了,熟了,便憶了。長歎知音少,心事付誰聽?因為熟了,累了,便歎了。常感紫陌紅塵,芸芸眾生。只因從開始,不多不少,只是一人。一人行走,一人流落。陽光灑下的地方,淡淡的暖。秋風吹過的街道,冬雪素裹的往事。

熟悉的天空,不一樣的回憶。每每憶起總是滿滿的感動,淺淺的暖。無論曾經是否傷過,笑過,無奈過。兒時的愚笨,總解不了何為歡喜?每日清歡,與一草一木,一風一夕。少時的懵懂,風雨相隨,家的溫暖,貧寒如命,卻總是醉入心府,最暖的地方。事事如雲,總有聚散,不論風霜雨雪,一路走,不曾停過。哪怕偶爾的平靜,偶爾的饑寒交迫。偶然的駐足,只為卸下心事,看風雨如故。曾說過,只願冬日不寒,夏天不熱,予每一個人。偶然的遺忘,只是承擔了太多,無法承載了得牽掛和感動。

友人說:我是仙人掌,插哪活哪。笑著活下去。與我從不敢頹廢,在人間平凡的行走,無語的堅持,只願紅塵安然。怕了,累了,倦了,只是偶然。那些牽掛彼此的人,那些思念入骨的事。

陽光灑下的地方,暖暖的潔白,不忍心的觸摸,難掩命中的衝動,真的暖了,離開了又出發了。

陽光灑下的地方,久違的明媚,千古風霜,遺落在身後百年,慢慢淺嘗。真的醉了,丟了又拾起,不變的輪回。

人說:追憶是一件可怕的事,無論與己與他人。在現在的時光覆了曾經的心事,隱隱的痛。可是總是追了,發生過的,丟下過的。每個人總有屬於自己的生活,經歷和背負的使命,不論好壞,不論是否完滿。人來人往的陌生,如潮般交錯的軌跡。一個人的眼中,

陽光灑下的地方,與我。相依的文字,音樂。這世間的暖,暖了誰?又融了哪年的風霜依舊?

風花雪月,前塵不忘。一紙淺墨,怎不相書?
  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 17:00Comments(0)

2015年10月12日

起那一段河道裏不一樣的冬天的風景


如今,幾十年過去了,每每走在冬天的曠野,面對颼颼寒風中微微顫抖的枯草,面對荒蕪淒涼的田野,我就會想起家鄉那條小河,那一河的綠色令我難以忘懷,也常常令我對冬天懷有一種感動和敬仰。

在人們慣常的印象裏,冬天沒有春光的旖旎明媚,沒有夏日的熱情似火,更沒有秋天的碩果累累。冬天是冷寂的、蕭條的、荒涼的,她缺少生機,就像一個垂暮之人,不但沒有激情,缺乏活力,甚至連生命似乎也在旦夕之間,脆弱不堪。然而,想到那一河的綠色,我覺得,冬天所有的枯萎、衰敗和蕭條,只是一種表象。冬天裏,草木、河流、山川大地,都在耐心地、積極地等待,等待春江水暖,等待冰消雪融,等待生命怒放的最美麗的那一刻。只要有一線希望,他們就會蓬勃出盎然生機,就像那溫泉旁邊的河道裏的水草,泉水匯流到河道裏,它攜帶的那一點溫熱到了冬天冰冷的河水裏,還能有多少溫度,還能有幾絲暖意?然而,就是憑著那一丁點的熱量,那些生長在河道裏的水草就守住了生命的本色,展現出別樣的風采。

我想,不單是那河道裏的水草,冬天的萬物都在積極地准備著,醞釀著,等待展現生命美好的時機。掘開冰凍的地塊,下面的泥土依然松軟肥沃,翻開枯草地下的根須,新鮮的嫩公開大學 學位芽正在泥土中伸展腰肢,在等待新的輪回。這不禁使我想起,有一年冬天,在和夥伴們玩耍時,把村邊一處地畔上厚厚的荒草點著了。在荒草燃過後的灰燼裏,我居然發現絲絲草根旁邊無不生長著細細的,點狀的綠芽。那豈不是生命的綠色在冬天的湧動麼?

萬物如此,人生依然。縱觀曆史的長河,大凡成大事者,亦無不是積極樂觀地面對逆境的考驗,等待時機的成熟,最終迎來燦爛的朝霞。老子在《道德經》裏告誡世人,“知其雄,守其雌,為天下奚。”這是一種處世哲學,也是一種修養和品質。冬天,面對自然條件的嚴酷和苛刻,不慕春光,不羨夏花,不妒秋實,放低姿態,積極醞釀,等待生命怒放的時機。這不也是“知雄守雌”的自信和堅強,不也是一種可貴的品質?

下雨了,這兩三天一直陰沉的天空終於忍不住地哭了,據氣象局說要下五天,沒有掩實的窗,溜進了一縷秋風,透著一絲冷光。家鄉的城市是從水中爬起來的,時間久了,我有點懷念從前的生活,無憂無慮,可以躲在爸爸媽媽的身後。

人,總歸是需要要長大的,就像下雨天總會有些需要出去找感覺的人。這些人有失戀、感傷、醒悟、困惑、激動的,甚至是沒有理由。我可能就是後者,純屬出來走走,沒有帶傘,在路上更樂觀面對困難能感受出秋風的真實感,像是女人柔軟的手,纏繞在我裸露的肌膚,冷若冰霜,那麼的真切。就算調皮的雲彩不肯放過天空,總是堅持的陽光也不會敗給它們,我仿佛能從雲雨中看到太陽,她的氣息厚重,牢牢把控著一切。我相信終有放晴的那一天,就像我相信太陽一樣。  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 16:16Comments(0)

2015年10月08日

走過流光溢彩的青春歲月守住一顆平常心


指尖蔓延開些寒意,遐思回至現實。背後,昏黃燈光散落一地,罅隙間,明暗交替。眼前,月朗,星稀,風輕,雲靜,掌間悄攥,靜候,堅守,覆水亦可收!

聽著樸樹的《生如夏花》,迷戀於那純真質卓悅Bioderma樸的聲音,不禁思緒翩翩;讀著泰戈爾的”生如夏花“詩句,不禁放飛思想。

這個夏天,真的如夏花一樣燦爛,驚鴻一般短暫。只記得剛剛進入初夏,榴花紅似火 ;只記得夏雨聲聲,驚雷陣陣;只記得行走於滾滾紅塵中,奔走於家與單位之間的點點滴滴。轉瞬間,已步入仲夏,只歎息:日月如梭,時光飛逝。

這個夏天,依然是一路春光而來,一路荊棘而來。石榴花的紅似火,緣於春天石榴樹的厚積薄發 ,只為夏而展示絢麗;夏雨的恣肆,因於春天的醞釀,只為不鳴則已,一鳴驚人。半年的奔波勞碌,只為假期的安閑,調養身心。

人生亦如夏花,需要沉澱,需要積澱。樸樹,這個卓悅冒牌貨與我們同齡的歌手。在1999年推出《我去2000年》,“埋伏” 四年未出專輯。2003年1月,推出《生如夏花》。之後又“沉寂十年”,2014年7月16日,推出《平凡之路》。喜歡一個歌手,不僅僅是他的外貌、聲音,更喜歡他的特質。

那些年,我們也和歌手一樣,青春過、飛揚過、迷惘過、掙紮過;那些年,我們也和歌手一樣,瘋狂過、癡迷過、燦爛過、輝煌過。

是的,走過了為某人狂野的花樣年華,走過了十年如一夢的黃金時光。正如夏花一樣絢爛,正如驚鴻一般短暫。是時候讓不平凡的事變得平凡,是時候讓不平凡的路變得平凡。

人活著應該找到自己, 人到中年,應該變得平凡,

“般若波羅蜜,一聲一聲。生如夏花,死如秋葉,還在乎擁有什麼。”我要說,守住平常心, “般若波羅蜜,一聲一聲。生如夏花,死如秋葉,還是在乎擁有什麼。”

才記得那個玫瑰花飄香的元宵節,轉瞬間,已是溫卓悅Bioderma馨浪漫的七夕節。多少美好的節日,搭乘時間的沙漏,不知不覺中在青蔥歲月中流逝。  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 14:44Comments(0)

2015年10月05日

たちの後ろで待つことにし


地廻りに僅かな収入の殆どを取り上げられ、三吉一人食っていけるのがやっとであった。
   「それで俺を地回りと間違えたのですね」
   「そうです、子供たちを怖がらせてはならないという一心で、慌ててしまいました」
   「三吉さん、俺と三太兄ぃが鷹塾治療濕疹の後押しをしましょう、もう決して地回りに勝手なことをさせませんから安心なさい」
   「ほんとうですか、有難う御座います」

 塾は午前中で終わると言うので、辰吉は子供た。子供たちは辰吉が気になるのか、勉強途中にチラチラ後ろを見ていた。この後、子供たちを送って行くと、辰吉のおごりで外食をし、三太の奉公する相模屋長兵衛のお店(たな)へ会いに行った。
   「番頭さん、お客さんだす」
 三太さんに会いたいと言うと、小僧が取り継いでくれた。三太はこのお店の番頭らしい。
   「おや、辰吉坊ちゃん、帰ってきはりましたか」
   「はい、江戸の辰吉、ただ今戻りました」
   「何が江戸の辰吉や、もう旅紐崔萊鴉やあらへん、福島屋辰吉と名乗りなはれ」
   「福島屋辰吉、恥ずかしながらただ今帰って参りました」
   「余計なことは言わんでもよろしい、何が恥ずかしながらやねん」
   「へい」
   「それで、亥之吉旦那に会ってきはりましたのやろな」
   「いえ、まだ」
   「何をしていますのや、真っ先にお父っぁんに顔を見せなはらんか」
   「それが…敷居が高くて」
   「旦那さんも、お絹女将さんも、心配して待っていなはるのに、何が敷居や」
 ようやく、三太は辰吉に連れが居ることに気が付いた。
   「そのお方は?」
 ちょっと三吉を見た三太は、直ぐに気が付いたようであった。
   「三吉先生やおまへんか、やっぱり三吉さんや」
 三吉は頷き、三太は懐かしそうに三吉の手を取った。
   「すっかり大人になりはったが、面影は残っています、やっぱり兄弟ですねぇ、源太さんにそっくりですわ」
 三太は、大坂に帰ってきたとき、真っ先に鷹塾の有った場所に行ってみたそうである。建物は壊されて、土地は草が生え茂り、鷹塾は跡形もなく消えていた。鷹之助の奥方、お鶴の実家に行って塾生であった子供たちのその後の消息を尋ねたが、分からないということであった。
 鷹之助の元で学ぶ源太の元気な消息を伝えようと源太の実家を訪ねてみたが、荒れ果てて人の住む様子はなかった。
   「三吉さん、今ご両親はどこにお住まいですか?」
   「両親は亡くなりました、源太の他にもう一人弟が張琛中醫居ますが、大工の棟梁の元で修業しております」
   「そうでしたか、源太さんに会いましたが、ご両親が亡くなったとは一言も言っておりませんでした…」  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 16:29Comments(0)

2015年09月30日

義大利餅乾:baci di dama





材料

餅乾料:杏仁200克,白糖200克,麵粉200克,黃油200克。

夾層巧克力:黑巧克力100克
做法

1.將杏仁倒入煮熱的開水裏,煮幾分鐘,然後倒出,剝皮。放入平底香港旅行社鍋將杏仁炒成帶金黃色,但不可以炒焦。(也可以買已經炒過的杏仁,節省時間嗎。)

2.將炒好的杏仁攪碎,加入50克的白糖。

3.將攪碎的杏仁倒入稍大的碗裏,加入麵粉,剩餘的白糖,軟化的黃油然後一起和成均勻的麵團。

4.將麵團用保鮮膜包好放到冰箱裏冷卻半小時左右。

5.半小時後將麵團取出,揉成寬大概3釐米的小球,放入烤盤(烤盤上去暗瘡印鋪張烘焙紙),用手指輕輕的將小球的底部壓平以免滾動。(每個小球之間要留點距離)

6.放入烤箱(預先加熱到160°c)烤15到20分鐘,烤至餅乾成金黃色。(時間取決於烤箱)

7.從烤箱取出後放一旁讓餅乾先冷掉。

8.在這個時候將黑巧克力隔水溶化。

9.餅乾冷卻,巧克力溶化後,拿個小刀將巧克力塗在一個餅乾的底部,然後2個餅乾相疊,就成了義大利有名的甜點baci di dama了。
小訣竅

-巧克力的多少可以按個人的喜愛,當然太多了就會把餅乾的味道給覆蓋啦!!

-將2個餅乾相疊後放在那裏讓巧如新nuskin產品克力自然冷掉後味道更好。
  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 16:03Comments(0)

2015年08月28日

絡まれたりします


昏い目をして窓の外を見やった。しとしとと降り続く雨は、部屋の中にまで湿気を運んでくる。

「あの日もこんな雨でさぁ・・・・・・どんなに剣術邊間做熱石好の稽古をしても、大砲の一発にゃ敵わなったんだよね。元々剣術なんて嫌いだったし、俺には今の生活が性に合ってるんだ」

「・・・・・・だったらいいけどさ」

 やはり仙吉は心に大きな傷を負っているのだ――――――ならばそれが癒えるまでそっとしておいてやろうと、味噌汁を飲み終えたお鉄はふらりと立ち上がる。

「でもね・・・・・・そんな呑気な事を言ってたら、ややも押し付けるよ」

「え?もしかして出来たの?産み月は?」

 満面の笑みをこぼす仙吉に、お鉄は苦笑いを浮かべる。どうやらこの様子では襁褓変えどころか乳までやりかねない。

「・・・・・・まだできちゃいないよ。ただ、子供がいた邊間做熱石好ほうが娼妓の姐さん達からの評判は良いんだよね。お春も子供を産んでから仕事が増えたっていうし」

 客を寝取りかねない独身の芸妓より、良人のいる身持ちの固い芸妓のほうが横夏の日差しが眩しい品川での事だった。旧知の友である宇部賢太郎と共に汽車に乗り込んだ中越剛一郎は、その光景を目の当たりにして驚愕する。

「おいおい、ここは汽車の中だ・・・・・よな、賢さん」

 そこにいたのは娘義太夫らしい袴をつけた若い娘と、その取り巻き連中だった。金に物を言わせ一等車に乗り込んだのだろう。だが、その態度は一等車の客として相応しいものではなかった。
 娘義太夫は既に酒を煽って微酔い加減だ。脚を向かい側の席に座っている男の膝に投げ出し、白い脛が丸見えだ。胸許もだらしなく寛げ、乳房の膨らみが中越にさえ見えてしまっている。そしてそんな艶かしい、というよりだらしなさ極まりない娘義太夫を、取り巻き達はうっとりと見つめていた。年齢からすると大学生くらいだろうか。書生風のその姿に中越は怒りを通り越して呆れ果てた。

「おや、あれは昇菊じゃありませんか。今一番の売れっ子らしいですよ」

 中越の言葉に娘義太夫の顔をちらりとmiris spa好唔好見た宇部は、物珍しそうに声を上げる。

「・・・・・・そんな売れっ子義太夫が何故汽車の中に?」

「きっと横浜で寄席があるんでしょう。さすがに一人で行動するとんで、取り巻きの書生達が姫君の護衛よろしく傅いているんですよ」

 別に珍しいことではないと、しょっちゅう汽車で東京都の間を往来している宇部は笑った。しかし中越としては腑に落ちないものがある。

(親が汗水たらして稼いだ金を娘義太夫につぎ込ん  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 13:00Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
吉は笑顔を引っ