スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2016年08月23日

りますが四日


「医仙?のう、医仙?」
王妃様が私の顔を覗き込み、お声を掛けていたのに気付かなかった
「あ、すみません。ぼぉっとしちゃって…」
「良い、昨日は大変な目に遭ったと聞いておる。疲れが取れておらぬのであろう…無理をさせて申し訳なく…」
王妃様はそう言いながら目を伏せる

「あ、ち、違いますよ?昨日夜遅くに訪問者があった物で歐亞美創美容中心すから…ただの、寝不足ですから。本当にお気になさらずに…」
私がそう言った時、間違いなくチェ尚宮叔母様の眉毛が片方だけピクリと持ち上がる
「昨夜の件でお話でも御座いましたか?」
王妃様はとても心配顔でそう仰った。

当然、叔母様の前に座っていた王妃様にはその顔は見えて無かったのだけれど、この様子がちょっと可笑しくて笑ってしまった。

「医仙?何か、おかしい事でもありましたか?」
「あぁ、何でも有りません。本当にただの寝不足です、お気になさらずに。」
「でも…」
「昨日の訪問者は事件の事が分かって来たので、私に報告をしてくれたんです。本当にそれだけです。」
其処まで言うと少しだけ王妃様は安心したようでそれ以上は聞いては来なかった。

王妃様の部屋から帰る時チェ尚宮がコッソリ聞いて来る
「昨日報告に来たのは、あ奴ですか?」
「はぁ、まぁ、そうです…」
それだけ聞くと叔母様は溜息を一つ吐き、戸をそっと閉められた。

王妃様のお部屋から戻ると丁度お昼の時間で、この時間は他の皆と一緒にお昼を食べた。
この頃になるとちょっと昨日のあの人の気になるあの顔も忘れかけてた。

そう、あの顔。

何か言いたげで、それでも云わない感じのあの顔…
あの後、貴方は何を言おうとしたの?

忘れかけていたあの顔を思い出した途歐亞美創美容中心端、私はまた考え込んでしまった。

丁度おやつ時の時間
其処にまず警護を昼で交代して今は御休みの筈のトクマン君が満面の笑みでやって来た。



「あの者はどうも随分前から謀られておったようです。こう言う時の為の布石として。」
「…そう、それじゃあ随分前からなの?」
そう聞くと首を横に振って

「今回が初めてだったらしい。女の方は元々妓生の頃に持ち駒として買い上げられ、随分前から皇宮内の噂などを集めてはあの者の下に付いている高官に情報を流していたようです。…それこそ、もとは高官の娘だったのですが、忠惠王の怒りを買いその一族ごと落歐亞美創美容中心ちぶれてしまったようです。」
そう言うと少し哀しげな目をしてこの人は机の上の燈火を見る

「あの…チェヨン?」
あんまり見ない目をしていたものだからつい声をかけた
するとバンと机に両の手をつき急にこっちを見た
「さて、医仙、先程此処に来る前にトギに聞いたのですが…」

は!忘れてた!

約束の事…。
でも、大丈夫、このごたごたのお陰で私今日まで一回も間食して無い!
思わずガッツポーズしちゃったわ!

「何ですか?それは…しかし意外でした。貴女でもやれば出来るんですね。」
そう言って嫌ににっこり笑うのよ?
もう、心配して損した!

「私は出来るって言ったでしょ!見てなさい、このまま後間絶対食べないんだから!」
するとこの人ったらはははとそれは大声で笑うの。
もう信じられない。

「まぁ、その息です。明日からの警備の人数はそのままにな、恐らく貴女を狙う事は有りません。」
ハッキリそう言った。

「本当?大丈夫なの?」
「はい、王様に頼んで今回の視察、徳成府院君様にもご同行して戴く事に致しました。もちろん今回の視察に舎弟殿、舎妹殿、あと成院君様の御身体の事も御座いますので、クヤンガク殿にもご同行願いました。」

開いた口が塞がらない。
こんな事する?
驚きよ。  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 11:55Comments(0)

2016年08月08日

ますね長に口を慎む

「何で私が狙われてるって分かったの?」
「余りにも王様の視察先にあの者の手の者が多すぎたんです。しかも、下っ端ばかり見せつける様に。これは俺をおびき寄せるのに使ったのだ視力測試とすれば、王様の線は消える。」

分かりますか?と言うように私を見る。

「王様をどうにかするならばもっと隠密に動くでしょう?さぁ、何か起こすぞと親切丁寧に教えて下さる方ではありませんから…」
そう言ってあの人は私に笑いかける。
確かにね、そう言うタイプではないわね、彼。

チュンソクさんが「さぁ、冷めてしまいますお話をなさりながら御食べください。」と促してくれたので、食べ始める

「そうなると、残るは王妃様と貴女だ。」
そうして私を指差す。
一人に指差すと十人に指差されるのよ?知らないの?

「それなら、王妃様の方が…」
「こう言っては失礼になるが、今の王妃様を攫ってもあの方に良い事は何も無いですから…」
落ち着かない夜は過ぎ、私は朝方にやっと熟睡できたようだ。
起きて窓の戸を開けると其処にウダルチの隊員が居て戸が彼の身体に当たってしまった。

ごめんなさいと言うと大丈夫です良く御眠りに猴枣散なりましたか?と逆に心配されてしまった。

起きた事が知らされたのか何時もの娘が朝餉を急ぎ持って来てくれた。
「おはようございます。朝餉をお持ちしました。」
何時もの顔を見ると言うのは本当にホッとできるんだな…なんとなくこの娘の顔を見てると思った。

「そう言えば知ってらっしゃいます?医仙様。何時もお出でになるウダルチテジャンの事。」
思いがけずこの娘からあの人の事を聞いた。

「なぁに?何かあったの?」
「はい、何でも今行方がハッキリしないとか。」
「それ、本当?」
吃驚した。
行方がハッキリしないって何?

彼女はそれだけを私に伝えて戻って行った。
そして朝餉は食べたのか食べなかったのか実はあんまり覚えて無い
ただ、彼女の言った事が気になって

「失礼します。医仙様、お邪魔しても宜しいですか?」
チュンソクさんが部屋の前の扉から声を掛けてくれる
「はい、どうぞ。」
そう言ってチュンソクさんと初めて見る顔のウダルチの男性が入って来た。

「…医仙様、如何されました?」
チュンソクさんは私の顔を見るなりそう言った。
「え?」
「その、目の下に隈が…」
え?そんなにひどい顔してる?
「ねぇ、あの人大丈夫なの?行方がハッキリしないって本当?」

そうやって聞くとチュンソクさんは笑って私に言ってくれた
「大丈夫です、テジャンの行方はハッキリしておりますし、今おか脫毛 手臂しな動きをして居る者たちも分かってまいりました。ご安心ください。」
「え?そうなの?本当に?」
「はい。テジャンもお元気でいらっしゃいます。」
チュンソクさんはまたそうやって笑い、今日の用事と今日の私の警護の人を引き合わせた。

今日の警護の人は初めて見る人。

ウダルチ宿舎でも会った事は無いし、多分この典医寺に一度も来てないんじゃないかしら?
チュンソクさんが戻る時、その時居た警備のウダルチがその人を見て妙な顔をしていた。

でも、プジャンが連れて来た人だし…

そうやって一人で考えてると、チュンソクさんが
「ところで、医仙様、テジャンの話は誰から?」
そう言って振り返り聞いた

「あぁ、今朝私のご飯を持って来てくれた女官の子よ?」

「そう、ですか…何とも早耳の女官で御座いよう注意しておきます。どうぞ、御心配なさらずに。」
そう言いながら、チュンソクさんは今日の警護の人と目でコンタクトを取った見たいだった…
  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 12:29Comments(0)

2016年08月01日

そうやって笑っと良


「今更、何です?逃げるつもりですか?」
「に、逃げるなんて…逃げないわよ。貴方が初めてじゃないし。」
この女は照れ隠しなのは頬の赤らみで分かると言うのにそう言う。
耳までやっぱり赤くして、…こうされると可愛らしいと思ってしまう。

やっぱり他の誰にもこんな顔は見せられん。
俺だけのものだ。
俺だけ見て良い、俺だけ触って良い、俺だけ好Dermes 脫毛價錢きにして良い、俺だけのモノ。
きっとそう言うとこの女は間違いなく怒るんだろう。
『私はモノじゃない』とかなんとか言って…

「あぁ、疲れた…喉もからからだ。」
「え?そうなの?じゃぁ、お茶入れるわね。」
そう言ってこの部屋に添え付けられて炊事場に向かって行った。

「少し待てる?今から御湯沸かすから。」
そう言って火を起こす音がする。

こちらに来て覚えたのだろう。天界ではボタンと言うものを押すと勝手に火が付く便利な物があると言っていたが…きっと此方で覚えたのだ。

その簡易の炊事場に行くとしゃがんで火を起こしているこの女を後ろから見る。

初めて会った時は恐ろしく踵の高い履物を履いて、素材が分からない生地の着物を着て。
今の花の様な香りでは無くてもっとどキツイ匂いで、髪の色ももっと赤みが強くて…
俺はこの女の日常と言うモノすべてから攫って来たんだ、この高麗に…

ふうふう息を吹きかけやっと火が付いたみたいでパチパチと薪が爆ぜる音がする

「あぁ、やっと点いた。ちょっと待っててね。こんなdermes 脫毛に早く来るなんて思って無かったから…」
そう言って立ち上がり振り向いて驚いた。
俺がまさか真後ろにいると思って無かったんだろう。
「驚きましたか?早くて」
「驚いたわ。きっと典医寺の夜の警護の人達が来てからこっそり来ると思ってたから。」
炊事場は真っ暗で部屋の方が明るいから今、貴方の顔がどんな顔しているのか私からは全く分からない。

「テマンが、俺の手伝いをしたいと言うので手伝って貰いました。」
「人払いしただけじゃないの。貴方ってたまに酷い人よね?」
私は自分の部屋の方へ行こうとしたの。
でも、部屋と炊事場の間にこの人がいて部屋の方に行けない。

「ねぇ、ちょっとどいて?部屋の方に一度行きたいの。」
「俺はあの後本当に大変だったんだ、医仙。王様にも会って、話して、からかわれて。分かりますか?」
やっぱりこの人の顔は暗くなってて見えずらいけど、近い分だけ一寸だけ覗ける。
覗いて吃驚した。
この人、何だか幸せそうに笑ってるの。
胸がキュンと締めつけられる、そんな笑顔。

「チェヨン…何でそんな風に笑うの?」
「笑う?俺が?」
そう言うのでもう一度見るともうさっきの笑みはなくて何時もの仏頂面で…
見間違い?
ううん、絶対違う。
この人、笑ってた。
可愛い笑顔、キュンとする位。

「見間違いです。」
「嘘。貴方、笑ってたわ。すっごく可愛い笑顔。いつもいのに。」
そう言うとやっと部屋に入れてくれる。
私はもう直ぐ沸くお湯で御茶を入れる準備をする

「お湯が沸くまで待っててね。それまで、その大dermes 脫毛変だったお話聞かせて?」
そして私達は部屋にある椅子に座って少しだけ今日の話をする…  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 16:38Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
吉は笑顔を引っ