2015年11月26日

さんを嵌めたと思うので




そこへ、右吉と賢吉とお園が番所にやってきた。お園を家に帰そうとしたが、賢吉が止めたのだ。今夜あたり与太郎を殺した下手人がお園の所へ来るような気がしたからだ。
   「壮吉さんの道具箱を仕事康泰領隊場から持ってきたぜ」
 右吉が壮吉の前に「どすん」と置いた。
   「何か無くなっている道具はありませんか?」
 壮吉は、道具箱の蓋を取った。暫く調べていたが気が付いた。
   「ノミが一本足りません」
   「それは、どんなノミだね」
   「薄ノミの、一番刃幅の狭いヤツです」
   「ところで、このノミの中に、柄に血が付いたのがあるのだが」
   「賢吉さんにお園に付き纏う男が居ると聞いて、心配しながら仕事をしていたら指を切ってしまったのです、大工仲間に嘲笑われてしまいました、お恥ずかしい次第で…」


 壮吉を帰すには、下手人を挙げなければお奉行の許可が下りない。長坂清心も壮吉が下手人だとは思っていない。ここは暫く様子見て、下手人の出方を待つより曬傷後處理仕方がないと思われた。とにかくお園を宥めて送って帰し、米や味噌、目刺など必要な物を右吉が様子を窺いがてらに届けた
 それから二日、三日と経っても、下手人は姿を見せなかった。そろそろ壮吉が焦れはじめて、見ていられなくなった賢吉が長坂に申し出た。
   「長坂様、下手人は壮吉さんがお仕置きになるのを待っているに違いありません」
   「拙者もそのようだと考えておったが、壮吉が処刑されたと嘘の噂で誘き出すのをお奉行はお許しになるまい」
   「それで、よい事を思いつきました」
   「何だ、言ってみなさい」
   「右吉親分に頼んで、お園さんに惚れて貰うのです」
   「賢吉、お前子供のくせに何と妄りがましいことを言うのだ」
   「そりゃあ、親父の倅ですから」
   「何を言うか、長次が聞いたら怒るぞ」
   「それより、話の続きを聞いてくださいよ」
   「右吉がお園に惚れたら、どうだと申すのだ」
   「下手人は、お園さんを自分のものにするために邪魔な与太郎を殺し、壮吉す」
   「まあ、そうであろう」
   「下手人がうかうかしている間に右吉さんがお園さんに言い寄ると、焦ると思うのです」
   「お前、大人の気持ちが分かるのか?」
   「男の女に対する気持M 字額ちは単純ですから」
 長坂は、賢吉の策略を試してみようと思った。
   「だが、右吉がやってくれるだろうか」
   「長坂さまが命令すれば、イチコロです」
   「壮吉は、嫌がるだろう」
   「長坂さまが説得すれば、イチコロでしょう」
   「気が進まないが、やるしかないだろう」
   「お願いします」

  


Posted by 吉は笑顔を引っ at 12:22Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
吉は笑顔を引っ